hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

Dilaさんのワークショップ−タラサ志摩にて (3)

(前回より続き)

3日めの午前中は、インスピレーションツアー。
Dilaさんのインスピレーションで訪れる場所が決まり、事前に場所は知らされない。

第一の場所は、鳥羽展望台。
タラサ志摩の方がブログ用に、ここから写真を何枚か撮ったら、その一枚にUFOが写っていたそうだ。
残念ながら、UFOには遭遇できなかったけど、眺めがよくて気分が晴れる場所だった。

第二の場所は、伊勢神宮の外宮。
先月行ったときはなかった、巨大な灯篭が建っていた。
この前も思ったが、私は外宮の雰囲気が好きだ。
今回はポールさんのアイデアで、外宮内の自然(木とか水とか空気)をいっぱい堪能した。

第三の場所は、二見興玉神社
先月のお伊勢参りの際二見が浦に泊まったので、先月もここに来てた。
またまた、今月も参ることに。
先月来たときは知らなかったのだが、ここは、夫婦岩の沖合の海中に沈む、祭神猿田彦大神縁の興玉神石を拝する神社だそうで、夫婦岩っていうのは鳥居なんだそうだ。
だから、注連縄がかかっているんだ〜と納得。
そして、カエルは神のお使いとされていることから、いっぱいカエルの石像が並んでいる。なんとも愛嬌がある。
夫婦岩にかけられている注連縄を架け替える神事も年に数回あるそう。一回見てみたいもんだ。

そして、インスピレーションツアーは終わり、ホテルに帰った。


午後は、タラソテラピーのお時間。
タラサ志摩に来たからには、やはりタラソテラピーを体験しないとね♡

タラソテラピーとは、人間の体液とほぼ同じ成分である海水を使った療法である。
フランスでは、長い間、医療としても利用されている。

全身海藻パックのビューティーコースを選択し、メニューの中から、エアロゾルとリラクゼーションプールとハイドロマッサージバスを選んだ。
特にりラクゼーションプールはゆるゆるになった。暖かい海水のプールで、浮力を利用してからだを漂わせるもの。緊張がぬけ、宇宙遊泳(したことないが)しているみたい
プールから上がったら、力が抜けすぎて、からだの重さにびっくりしてしまった。

海水っていうのがまたいいのかも。
海水に浸かっていると、私達も地球のこどもなんだと思っちゃうから不思議。

今まで時間的にタイトなスケジュールだったので、からだが安まってよかった。



翌日は最終日。

雨のため、日の出のワークは室内で行った。
太陽は拝めなかったが、最終日にふさわしく、ふか〜いものとなった。

皆さんのシェアリングとともに、お昼にクロージングとなった。
皆さんいろいろな思いでこのツアーに参加され、それぞれ何かを得て、またそれぞれの場所に帰っていく。

私は今回、いっぱいの感謝を感じた。
生きているってことは、見える形でも見えない形でも、気づいても気づいていなくても、あらゆるところからサポートされているんだ、と感じた。
なんだか「ありがとう」いっぱいの4日間だった。


解散後、私は、伊雑宮と、先月行こうと思って行けなかった猿田彦神社月讀宮を参り、伊勢を満喫して、東京に帰った。

帰り道、「やっぱり伊勢は遠いなぁ」と改めてまた思ったが、「また行きたいなぁ」と思った。