hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

言葉に落とす

先日のボディサイコセラピーのワークショップで感じたこと。

言葉は「言霊」というように、対人コミュニケーションの道具以上のものである。

そうはいっても、日常生活のなかでは、つい道具としての言葉に囚われる。
そのような状態では、「本当に理解するとか共感することは可能なのか?」とか思って、言葉に対して窮屈や制限だけを感じてしまう。

ボディサイコセラピーでは、必ずからだの感覚や体験を言葉に落とす。

私はこれが苦手だ。

感覚は微妙なものである。
その微妙なものを言葉で表現しようとすると、固まってしまう。

なにか違うなぁと感じつつも、言葉に置き換えていく。
感覚とそれを表現する言葉とのずれを感じつつも、言葉に落とす。

何でもやっていくと、ふと気づく。

言葉にすることによって、感覚が消化され吸収されていく。
感覚という瞬間的なものが、自分のなかに落とし込まれ、統合されていく。

あ〜、だから言葉に落とすって大事なことなんだ。

いつかは、感覚と言葉が一体になって表現することができるのかなぁ。


(注) まだ表現しきれていないと感じる私は、過剰期待があるといえる。
今の状態もOK!と言おう。