hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

肉体は魂の神殿

私はボディワーク好きである。ギバーとしても、もちろんレシーバーとしても。

そもそも私は、からだのことを大事に思っていないわけではなかったが、どちらかといえば、精神・心のほうに興味があった。

どちらかといえばからだを忘れがちだった私は、2003年に訪れたフィンドホーン体験週間での出来事で、変わったのである。

体験週間のプログラムがすべて終わり、あとはCompletionを残すのみとなった自由時間に、ホリスティック・マッサージを予約した。
フィンドホーンに行かれた方はご存知だろうが、レブというマッサージセラピストのセッションである。

その名のとおり、一週間いろいろ体験した体験週間ももう終わり。リラックスしきって、きっと、ぐうぐう寝るなぁ、と思っていた。

が、そのセッションは、特別のものとなった。

しばらく経って氣が付いたら、私は私でなくなっていた。

そこには何もなかった、モノも感情も。
何もなく、ただ在った。

私はすべてであり、そのひとつひとつだった。
すべては限りなく大きく広く無制限だが、その一部一部もすべて感じられた。
宇宙そのものになったようだった。

そして、私は、からだを与えられた。からだを授かったのだ。
からだは、自分のものではなく、借りているものと感じた。
今生が終わったら、大いなるものにお返しするのだ。

氣が付くと、セッションは終わり、最後足に手を置かれたとたん、がくんとからだに入った。
「うわ〜、からだって重い・・・」

私は、今まで感じたことのない重いからだと一緒に、マッサージテーブルから起き上がった。

からだを着た私は、今まで感じたことのない静寂感とともにあった。
自分が、平和そのものだった。
からだの奥に、さっき訪れた宇宙があった。

本当に「肉体は魂の神殿」なのである。