読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

NLPラポール実習において

日記 心のつぶやき

先日のNLP基礎講座のラポール実習でのこと。

ラポールが形成されていると、相手の仕草や動作に合わせて、無意識に身体が動く。
それを体験しながら、「エネルギーワークみたいだ」と思った。

エネルギーヒーリングを受けている最中に、身体が動くときがある。
ある波長に同調し反応しているのだろうけど、これもエネルギー的にラポールが形成されているサインのひとつかも知れない。

NLPラポールを形成しようとする際は、相手の様子・動きを真似る。
真似ることは、その人のことは肯定することにつながり、その人は自分が受け入れられたとどこかで察知するんだろう。

肯定する。受容する。これって愛の状態ではなかろうか!?

興味深いのは、「相手を受容しましょう」とか「愛の状態で」なんてことは一切言わないのに、そういう状態を作り出せるということだ。

ある動作・行動で、感情・心の状態が後から作られる。
スピリチュアル的見方としては、まず始めにエネルギーがありそれが物質化すると、言われている。
成功哲学などでも、「まず信念が大事」といわれる。
ここ数年は、「まずはハートから」と、いろんなところでいろんな人が言うのを聞いてきた。

しかし、NLPは逆である。
NLP創始者の一人、グリンダー博士は、「環境・行動を変えれば信念・アイデンティティは変わるが、その逆は見たことがない」と言っていたそうだ。

どちらも真実だと思う。
人によって、エネルギーから始めたほうがうまくいく場合と、環境・行動から始めたほうがうまくいく場合がある。
それだけだろう。

どちらかが絶対良いってことはない。
宇宙の大いなる矛盾、ばんざい!