hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

カンブリア宮殿をみて

好きな番組のひとつに、月曜夜10時からテレビ東京で放映している「カンブリア宮殿」がある。
いろいろな経営者(アーティストも出てたかな)がゲストで、いろいろ語る。
優れた経営者というのは、とてもスピリチュアルだと実感する番組である。

今回のゲストは、フェアトレードカンパニー代表のスフィア・ミリーさん。
フェアトレード商品を輸入販売しているブランド、People Treeを展開している会社である。

www.peopletree.co.jp


最近の私に、よく来ている話題である。

先日ヒプノをやってもらった友人と話していたときに、「寄付」の話題が出た。
彼女はあるNPO法人に寄付しているのだが、その運営に関して疑問を持っているようだった。
「ただあげるだけでは、依存関係になり、人としての向上心が失われる。やっぱり自立させる何かが必要」というようなことを言っていた。

そんな話をして帰った夜に、毎月ヴォイスから送られてくる「Innervoice」を読んだら、そこに「社会起業家」について書いた記事を発見。
社会変革には、金額の多寡ではなく、「仕組み」「うまくいくモデル」が必要とのこと。

出演されていたミリーさんは、ファッションを通じて、まさにこの「仕組み」を作り上げているのだ。
デザイン、商品開発を彼女らが行い、途上国の生産者に適正な賃金を払い、自立する術を提供している。

素晴らしい理念プラス、People Treeの服はかわいいのだ(←これって大事)。
理念がすばらしくても、センスない服は買わないもんね。
かわいい服を買ったら、社会貢献もしてたなんて、かなりかっこいい。


また、ミリーさんのほかに、カンボジアの児童買春に取り組んでいる、かものはしプロジェクト代表の村井さん、

www.kamonohashi-project.net

 

病児保育のフローレンス代表の駒崎さんが出演されていた。

florence.or.jp



日本の若き社会起業家は、普通の感覚で軽やかに活動しているように感じられた。
彼らは、みずがめ座時代の子供たちだ。

私は何ができるだろうか?

今のところ、フェアトレード商品を買ったり、彼らの活動の存在をいろんな人に知ってもらうことだろう。

というわけでブログってみた。

ご興味を持たれた方は、リンク張ったのでクリックを。