hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

デイケアセンターにて

今日(日付が変わったから昨日)はデイケアセンターで、アロマセラピーのボランティア。
気が付いたら、2年続いている。

戸越銀座に引っ越してからは、少し遠くなったので、時々行くのが億劫になる。
今日も暑くて、自分に喝を入れて、家を出た。

最近は、参加する方々は常連さん。女性3名に男性1名。
皆さん楽しみにしていただいているようで、嬉しい。

常連さんの黒一点Sさんは、脳梗塞が原因で左半身に麻痺があり、車椅子である。
いつも「麻痺しているほうをやってください」と言われる。

2ヶ月前に、気が付いた。
Sさんの左手がずいぶんと柔軟になってきたのだ。

前は左手の硬直がひどく、手の指が手の平に食い込み真っ赤になっていて、痛々しかった。

今日はさらにSさんの左手は柔らかくなっていて、手の指もずいぶん容易に伸びるようになっていた。

「Sさん、左手柔らかくなってきましたね。硬直がなくなってきたみたい」と言うと、「そうですか?わかる?」と嬉しそうにおっしゃった。
「リハビリがんばってるからかなぁ」としみじみとおっしゃる。

まだ寒い頃、リハビリが大変なんだという話を聞いていた。「なかなか良くならないんですよ」とこぼしていた。

きっと地道に続けていらっしゃるのだろう。
回復ぶりを感じられ、私も本当に嬉しかった。

来るときはあんなに億劫だったのに、出るときはいつのまにか元気になっている。
くる度に、いろんなものをいただいて帰る私。ありがたい。

だから、続いているんだろう。

そして、続けていることで味わえることがいっぱいある。

ゆっくり歩いているときにしか見えない景色があるのだ。