読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

不食の方の鍼治療

先日、大阪へ行く予定がありまして、そのタイミングで、不食で有名な森美千代先生の鍼灸院で治療を受けてきました。 森先生は、21歳のときに小脳脊髄変性症という難病に罹りました。難病の診断を受けた森先生は、以前からご存知だった甲田光雄先生を思い出し…

披講初体験!

マドモアゼル愛先生の披講セミナーに参加してきました。 今回の披講セミナーは4回めだそうです。 披講のことを初めて知ったのは、愛先生のブログからでした。ずっと行きたいと思っており、今回参加叶いました 和歌を独特の節で詠うのですが、始めは「君が代…

「改訂新訳ライフヒーリング」読了

「改訂新訳ライフヒーリング」ルイーズ・L・ヘイ著を読了。 身体症状と精神の関係は昔から言われてきたことで、その事実もかなり周知されてきています。 そうはいっても、実際症状で苦しんでいるときに、このことが心や思考に原因があると言われても、それを…

映画『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』

渋谷のアップリンクで、こちらの映画を観てきました。 砂糖と健康について考えてみよう!映画『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』予告編 チェコの女性監督が、3人めの子供を妊娠中に妊娠糖尿病と診断され、自らの家族の生活をシュガーフリーにし…

赤坂で早朝坐禅

今朝、豊川稲荷東京別院の坐禅会に参加してきました。 豊川稲荷ってお寺だったんですね〜。 「稲荷」といえば、狐さんがいらっしゃる神社と思っていたので、意外でした。 妙厳寺という、しかも曹洞宗のお寺! 先月永平寺に行って、すっかり魅了されてしまっ…

対立しながら統一されている 〜陰陽の世界〜

ある鍼の先生がおっしゃっていました、「この世はすべて陰陽で理解できる。」 最近さらに、それを深く実感しております。 皆さんも一度は目にしたことがあるかと思います、このマーク。陰陽を表しています。 この「陰陽」、古代人たちがいろいろな自然現象を…

アンマのダルシャン、行ってきました

今日の午前中、アンマの来日イベントへ行き、ダルシャンをいただいてきました。アンマの存在は知っていましたが、ダルシャンは初めて。 開場の約1時間前、8:10くらいに会場に到着。2列めの列に並びました。開場されると、入り口で整理券が手渡されます。私は…

祈るひとになろう

この世界には「祈り」が足りない! その思いは、今年の春ルルドで夜のろうそく行列に参加したとき、ポンと私の胸の中に飛び出てきました。その行列は、ルルドで、4月〜10月の間毎晩行われています。辺りは祈りの波動で満ち溢れていて、それはそれは素晴らし…

選挙の翌日

私はテレビを持っていないので、昨日の選挙速報をTBSラジオで聞いていました。 昨日の朝は、しんとしていて静かな氣がしました。 選挙の日って「今日は投票日です。」みたいな放送があった氣がしていたのですが、国政選挙のときは放送ないんですね? 結果は…

「腰痛は心の叫びである」を読みました

「腰痛は心の叫びである」を読みました。 この著者は整体院院長で、ご自身もかつて頭痛、首痛、肩こり、腰の痺れなどで悩まれており、いろいろな治療を受けても良くならなかったのが、あるとき出会った礒谷式力学療法であらゆる症状が改善されたそうです。 …

おうちでできる子ども健康法 presented by 鍼灸師

東京スキンタッチ会の指導者講習会に行ってきました。 この会は鍼灸師の自主グループで、「スキンタッチ」という健康法を、親御さんたちに教えています。 皆さん、小児はりってご存知ですか? はりって言っても、刺しません。皮膚の表面を軽くさする、という…

永平寺の参禅修行してきました (最終日)

参禅修行の最終日です。 この日の朝(というか夜)は、短い夢をいくつも見て目が覚めました。感触がとてもリアルな夢だったのですが、内容は忘れてしまいました。 最後の暁天坐禅、最後の朝課。 日常に戻る待ち遠しさがありつつも、終わってしまう寂しさ、離…

永平寺の参禅修行してきました (3)

参禅の3日めの午後は、修行的な生活から離れ、雲水さんが永平寺境内を案内してくれました。 広い敷地なので全部は廻れませんが、一般参拝客が入れないエリアも含め、雲水さんの解説付き3時間弱の境内ガイドツアーです。 山門では、雲水さんご自身の入山時体…

永平寺の参禅修行してきました (2)

永平寺参禅修行の朝は、午前3時10分の振鈴で始まります。 30分で身支度をすませ、禅堂にて、朝一番の坐禅、暁天坐禅を行います。私は、この朝一番の坐禅がとても気に入りました。 空は暗く山は眠っていて、まだ夜の気配です。 坐っていると、とても静かで温…

永平寺の参禅修行してきました (1)

6月24日〜27日、永平寺の参禅修行に行ってきました。 永平寺、ずっと行ってみたかったのですが、念願叶いました!永平寺の修行は厳しいんだ、と初めて知ったのは、たぶん「エースをねらえ!」という漫画です。中学生のときでした。 岡ひろみのコーチ、宗方仁…

『神話の力』 Vol 5 愛の女神

『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル × ビル・モイヤーズ Vol 5 愛の女神 「愛」と一言で言いますが、「愛」にもそれぞれ種類があったり歴史があったりするようです。そして、それは、ときには1種類の愛だったり、またあるときにはそれぞれがブレンドされた…

今日は夏至です

今日は、夏至の日です。 北半球では、1年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い日、つまり、陽の氣が一番強い日です。 これから本格的な夏が来る時期に、陽が極まる日が来るというのは少し不思議ですが、氣が地上の現象に現れてくるのに少しギャ…

『神話の力』 Vol 4 ー 至福を追い求めよ

『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル × ビル・モイヤーズ Vol 4 死と再生 「死と再生」というタイトルなのに、キャンベルが熱く語っているのは「至福」についてです。不思議に思っていたら、原題は“Sacrifice and Bliss”(犠牲と至福)でした。 人は年を重…

「みんな芸術家」「みんなシャーマン」で世界は救われる?

キャンベルの「神話の力」の第3回めを視聴完了。 『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル × ビル・モイヤーズ Vol 3 古代の語り部 今回は、儀式、シャーマンのことなどがメイン。 儀式や神話は、人々が生きている環境によって変化していきました。 例えば、原…

ワクワクする投資信託

鎌倉まで、鎌倉投信説明会に行ってきました。 www.kamakuraim.jp 鎌倉投信の存在を知ったのは、たぶん3年前くらい。 ある友人とお茶していたとき、話が、食の安全とかフェアトレード・ファッションとか、そういう話題になったときに、彼女がこの会社のことを…

『神話の力』Vol.2 神と人間

前回に引き続き、ジョーゼフ・キャンベルです。 第2回め見ました。 『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル × ビル・モイヤーズ Vol 2 神と人間 今回もズキュンときたとこ、へ〜と思ったとこなど書いていきます。 キャンベルによれば、キリスト教的思想は「自…

ジョーゼフ・キャンベルがクールです

土曜日に行った勉強会で紹介されていた「未開社会の思惟」を検索していたところ、「融即律」という言葉にぶち当たり、そのウィキペディア中に「カール・ユスタフ・ユング」の名前を発見。ユングを検索していたところ、こちらのサイトに辿り着きました。 そこ…

コーヒー洗腸

今も続いている健康法のひとつに、コーヒー洗腸があります。 コーヒー洗腸の存在を知ったのは、テンプルビューティフルさんのメルマガで。 実践し始めたのは、おそらく2009年頃からですかね。 当時テンプルビューティフルでコロンキットとカフェコロンを購入…

地球を汚さないシャンプー

10年前くらいから、なんとなく、健康を意識し環境を意識し、そんな生活を始めました。 髪を洗うのも石鹸シャンプーに変え、クエン酸かリンゴ酢でリンスするようになりました。 2012年からは、ハーブシャンプーを使っています。 hitokadoh-aider.hatenadiary.…

男の生き方が変わらなければ日本は何も変わらない

会員登録しているインターネット放送局、ビデオニュースで取り上げられた話題です。 男性学がご専門の社会学者、田中敏之氏がゲスト。 そもそも、男性学ってものがあるってことも初耳でした。 「男の生き方が変わらなければ日本は何も変わらない」というタイ…

私の風邪の効用〜ソマチッド

4年ぶりの海外旅行から帰ってきて2日後、思いっきり風邪を引き、寝込んでおりました。 今日、日の出とともに目が覚め、ようやく平熱になり、6日ぶり復活です。 去年の暮れ、野口春哉の『風邪の効用』を読んだこともあり、治そうとしなかったため(あまりに辛…

祈りとともに

熊本が揺れています。 地震速報を見ると、今日もまだ数時間おきに、震度3、4程度の地震が頻発していますね。 現地の方々は、身も心も休まるときがない日々を過ごされているかと思います。 FBで募金や支援物資等いろいろな情報が来てますので、そういう協力も…

波動の違い

昨日付けムラキテルミさんのエル・シャンメールマガジンに、人間関係について書いてありました。 「人は、人からしかキズつきません。」「……すべて‘波動’です。」「人からエネルギーを奪う、奪われる、与える、受け取る… これがどうやら、人間関係の基本のよ…

わからなくても繋がれる

最近、よく浮かんでくる言葉。それは、確か去年、ある方が言っていたもの。「わからなくても、繋がれる」 これ聞いたとき、なんだか、目の前がすっと明るくなった。 どうやら、私はこう思っていたみたい。「繋がるためには、そのひとやモノとわかり合わない…

光の伝え手

あなたがもし、今、暗やみにいるとしたら、それはスゴいことだ。 そこは、誰も見えていない光が見える場所だから。あなたは、それの第一発見者だ。 誰にも見えていないので、初めはわかってもらえないだろう。 伝え続けていくうちに同じ目を持つ人に出会うだ…

万華鏡

上か下か。 白か黒か。 善か悪か。 二元論は、スッキリしている。スッキリは、わかりやすい。二元論は、シンプルだ。シンプルは、美しい。 二元論は、強固にみえて、もろい。 世界が、次元が、変わったら、あっさり壊れる。 壊れた二元論のかけらが散らばっ…

優等生でいたい病

私の既往歴のなかに「優等生でいたい」病があり、それはときどき、ぶり返す。「失敗したくない」「上手くやらなければ」 その病気のおかげでうまく行ったときは、たくさんあった。逆にそのために、まさしく病んでしまうときもあった。 病氣は、「氣が病む」…

2016.3.11

5年前の今日は、晴れていたけど、今日みたいに寒かった。 今日は、鎮魂の写経をしてきました。そういえば、写経は初めてでした。 地震同時刻は電車の中で、黙祷しようと思っていたのに…フッと気づいたら、14:48。 立ったまま、眠ってました。 5年経って、自…

ふるさとを思い出す

よくよく考えてみれば、同じようなことは、何度も見聞きしていたはずなのに、何で、今日はこんなに響いているんだろう。 目の奥が開いて明るい。 こころ躍って、どこかへ飛びそう。 空っぽの胸からは、何かがこんこんと湧き出ていて世界をみたしていってる。…

芽吹く条件

氣がつけば、既に3月。今日は3月3日雛祭り、桃の節句。上巳の節句とも言うそうな。 2月28日の鍼灸師の国家試験が終わって、呆けてました。国試1週間前は、今までで一番勉強したかも… 受験勉強よりも勉強した感じ。 ひとつの通過点が終わって、また、違った…

闇と光の子

ヒトは闇を畏れる。 なぜなら、闇は、あまりにも広く深く底がなく、すべてを飲み込むから。 そこではすべてが消える。 ヒトもモノも時間も、イノチも消える。 消えて、すべて溶ける。すべてなくなり、すべてがある。 そういえば、すべては闇から生まれること…

廻るから美しい

気がつけば、2016年が始まって早10日。 今日は2016年最初の新月だそうで、いつもは新月の願いを書かない私でも、「新年の抱負も兼ねて書いてみようか」という気になってます。 そして、今朝届いた夏目祭子さんのメルマガに、「2016年最初の新月と言いました…

世界は誰が創る

もう終わりだ…と思っていたら、実は、それは始まりだった。 糞みたいだ…と思っていたら、実は、それは芽吹く土だった。 どん底だ…と思っていたら、実は、そこは新しい世界の天井だった。 ひとりだ…と思っていたら、実は、いつも一緒にいるあなたが、近すぎて…

2015年暮れ

鍼灸の国家試験が、2ヶ月後にせまってまいりました。 まじめに勉強しているわけでもないのですが、そんな感じで、今年はなんだか年末気分が薄いです。 残り、集中力持って、勉強しまっす!!と、宣言しておきます。 ありがとう、2015年! 行くぜ、2016年! ……

冬至明けの日

昨日12月23日、冬至の明けの日に、こちらのイベントへ行ってきました。 長坂を訪れるのは、10月10日以来、2度目です。 このときは、思いもかけず、木内鶴彦さんが登場され、ご復帰の場にいることができて嬉しかった♡ (その後、木内さんは、2016年3月末まで…

自殺に対する私の刷り込み

以前、祖母が地震のとき唱えていた呪文のことをブログに書きましたが(2008年7月って7年前!)、今回も祖母ネタです。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 私は、特にばあちゃん子ってわけでもなかったかと記憶しているのですが、子供のときに覚えている言葉は…

今年は満月のクリスマスです

昨日知ったのですが、今年のクリスマスは満月だそうですね。 クリスマスと満月が重なるのは、1977年以来38年ぶりだって。 満月が一番大きく見えるのは、NASAのカレンダーによると20時11分。 今回の満月は、蟹座でおこるそうなので、なんか楽しみです! 私、…

私のからだは、私のことばでできている

ある日ある時、新宿駅を歩いていたら、言葉が上から降ってきた。 「誇り高くあれ」 何の脈絡もなく、ふいに、やってきた。 それは、私の「分析したい」脳をすり抜け、私のからだにストンと落ちてきて、胸のある場所にピタッとはまった、ジグソーパズルのピー…

長年の自傷行為

ある日ある時、氣がついた。 私は、長いこと、自分のからだを傷つけてきたってこと。 他の人と比べることで。正体不明の「世間」というものの基準と比べることで。 そのときはわからなかったけど、ずいぶん長いこと自分のからだを恥じていたんだ。 だから、…

同じ地球なのに

昨日書いたことつながりで… hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 私の周りで起きる様々なことたち。 それらをありのままに見ているってこと、結構少ない気がします。 究極的には、人間である限り、ありのままに見るってことはないのかもしれません。 だからダメ…

まるっとひとつ

いのちはまるごとひとつ、というお話です。 先日、みたからYOGA/整体の集いで、阿蘇へ行ってきました。 みたからの集いの初合宿。 いろいろ素晴らしい体験ありましたが、なかなか言語化するのは難しいです。 そこでの体験をひとつ。(これは言語化できたので…

人に歴史あり

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp このブログを書いた翌日のことです。 ドトールで、その日の試験勉強をしていたところ、隣に座られていた女性に話しかけられました。 「難しそうなお勉強されているのね?お勉強中、邪魔してごめんなさい。」「今の方は、女性…

愛のピラミッド

楽しみにしているマドモアゼル愛さんのブログ。ひさしぶりにアップされた今日10月30日の日記は「イエスのお話し」。 この中の「形を守ることで命と愛を失う時代にイエスは戦ったのです。」のくだりに、しばし打ちのめされてしまいました。 「イエスは誰とも…

どう使う?

東日本大震災のあと、しばらくして、ふと思いました。 「このいのち、使わなければ」「使わなければ、死ぬに死ねない」 思いました、と書いたけれど、衝動に近い感じ。 11歳の夏休み、ふと湧いてきた問いかけ。「なんで、あたしは生きているんだろう? 当時…

妄想が豊かさを生むかも

昨日渋谷駅を歩いていたら、胸の中から「いのちを抱きしめて」と声が聞こえた。 いのちを抱きしめながら、生きていけってこと?実は、自分が抱きしめられたいのか?などと、渋谷の人混みを歩きながら妄想しておりました。 夏に「バケモノの子」という映画を…