hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

雑記

会話は脳トレになる?

前回、訪問鍼灸での「会話」のことを書きました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 今回は、「じゃあ、ホントに会話は脳トレになるの?」という話題を。 検索したところ、メンタリストDaigoさんのブログに、ドンピシャの記事を発見。 daigoblog.jp 医学博士…

訪問鍼灸で「青江のママ」を知る

訪問鍼灸の仕事も始めてから、ご高齢の患者さんとの出会いが増えました。 90歳超の方も数名、いらっしゃいます。 もちろん、メインの目的は「施術」ですが、超高齢の方の場合、意識的に「お話しする」ようにしています。 私は施術中、基本自分からはしゃべら…

声フェチ障害

こちらのブログに、小学生のとき初めて映画館に行ったとき、(当時の自分にとって)音が大きすぎて気分が悪くなってすぐ外に出て行った、過去のことを書きました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 音の一つ「声」について、今回は書きます。 皆さん多少ある…

脱・感動ポルノ

前回、放課後等デイサービスでのパートタイムのことを書きました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 一日のうちのほんの数時間ではありましたが、いろいろな子どもたちと接してきたことは、やっぱりいい経験になりました。 発見もありました。 年々生きてい…

放課後等デイサービスでのパートタイム

過去1年くらい、放課後等デイサービスでパートタイム勤務をしていました。 どうでもいい事ですが、バイトとパートって同じことですよね。でも「パート」は「主婦」がやるっていうのが私のイメージだったので、自分で言うときには「バイト」を使っていました…

「アイデアいっぱいの人は深刻化しない」

以前、鎌倉投信のことを書いたことがあります。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 鎌倉投信が発行している「結いだより」、鎌倉投信が運用している投資信託「結い 2101」の月次運用報告書でもあるのですが、読み物としても面白いです。 特に、投資先の会社紹…

とよふく話は続く

前回、前々回に引き続き、眼鏡のとよふく話です。 前回ご紹介したこちらの本。 視力を下げて体を整える 魔法のメガネ屋の秘密 作者: 早川さや香,眼鏡のとよふく 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/11/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本…

区立図書館、あなどれない

今、図書館から借りている本です。 結構デカい!百科事典なみ。 区立図書館にこんなのがあるなんて、すごくないですか?? この前に、やはり図書館で借りた『東洋医学をさぐる 』という1973年の本で、この本の著者、芹澤勝助先生の名前を知りました。 そして…

アイシングの話題からPubMed

ねんざや打撲、骨折など怪我をしたときの応急措置は、 R:Rest(安静) I:Ice(冷却) C:Compression(圧迫) E:Elevation(挙上) が基本です。 そう、急性期(怪我をして2〜3日が目安)は冷やします。 教科書にもそう書いてあります。 炎症しているのだ…

"The age is just a number"を実感した話

もう先月のことになりますが… 月1程度で来ている患者さんから、ご両親の鍼灸施術をご依頼いただきました。 「神楽坂へ行くのは少し不安があるので、出張可能ですか?」 というお問い合わせ。 ご住所を聞いたら遠いところでなかったので、娘さん(患者さん)…

軽い次元酔い

前回書いた『落合陽一x宮台真司 次の時代をどう生きる』の中で、 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 宮台さんが紹介していた(35:15)、フラクタル・アートのジュリアス・ホルシス(Julius Horsthuis)のサイト、見つけた!!! www.julius-horsthuis.com 見て…

『落合陽一x宮台真司 次の時代をどう生きる』

tweetで何度か流れて来ていて(宮台さんをフォローしているからね)、「見なきゃ」と思っていました。 www.news24.jp私にとって未知の落合陽一氏の本↓を今読んでいるのも相まって、 超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト 作…

自愛を育てていこう

それは「原因」か? それとも「結果」か? 鶏が先か卵が先か問題、です。 その答えはどっちも正しくて、単に、世界の見方の違いなんでしょう。 だから、思わしくない「結果」をどうにかしようと思って、いろいろ手を尽くしやってみたけどどうにも解決されな…

色は周波数

前回に引き続き、五行ネタです。 五色というのがあります。 木火土金水の五行に対応した色です。〜青、赤、黄、白、黒〜 そして、五色も以下のように五臓と関連付けられています。 この五色、薬膳で食材を選ぶときにも使われます。 例えば、肝を養いたいとき…

内臓からのメッセージ

前回、五行色体表のことに触れましたが、今回も関連ネタです。 五臓(肝、心、脾、肺、腎)というのがあります。 文字通り、内臓のことなんですが、肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓と全く同じ、ではありません。少しかぶっている部分もありますが、そのものでは…

色黒の赤ん坊

東洋医学では「色」も大切な情報です。 顔色であったり、舌の色であったり、爪の色であったり、肌の色であったり。 五行の中に五色(青、赤、黄、白、黒)というのがあります。 この五色、五臓にも関連付けられています。 青ー肝、赤ー心、黄ー脾、白ー肺、…

ポータルサイトの光と影

昨年の秋から、「EPARKからだリフレ」というポータルサイトに掲載させてもらってます。全国の治療院が検索できるサイトです。 ありがたいことに、より多くの方に知っていただき、ご来院いただいています。 「より多く」ということは、今まで考えられなかった…

祝2周年!神楽坂サンクチュアリ「間」Persimmon

はり灸 一香堂が利用させてもらっている神楽坂のお部屋、神楽坂サンクチュアリ*「間」Persimmonが2周年を迎えます!! そんなわけで、2周年記念イベントを2月11日㊗️に開催します! www.facebook.com 実はあのお部屋、いろいろなコトが催されています。記念…

嵐山の、 “あのカフェ” のこと

先月ブログで書いた、嵐山の「ぼったくりカフェ」のことが! hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 数日前のムラキテルミさんのブログで書かれていました!! ameblo.jp テルミさんは「グッドカフェ」と呼ばれていましたが、私が行ったときは「Dream Cafe」と看板…

鍼を通して「ひと」と出会う

約一ヶ月前に別ブログに書いた、注射嫌いだという初鍼の患者さん(仮名 Wさん)。 hitokadoh.hatenablog.com 鍼を氣に入ってくださり、11月は「はり灸基本+美容鍼灸」の30日間集中コースを受けてくださいました。 なぜ集中コースを受けようと思ったかという…

思いの外深かった『魔法のコンパス』

西野亮廣著「魔法のコンパス」読みました。 魔法のコンパス 道なき道の歩き方 作者: 西野亮廣 出版社/メーカー: 主婦と生活社 発売日: 2016/08/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 読もうと思ったきっかけは、twitterフ…

食品添加物、どのくらい許容しますか?

ある日、ふと氣がつきました。 生活クラブが作成している食品添加物の円グラフ。 あれ、なんか変わった? 変わったのは「日本で認められている添加物*1」の品目数。増えてました。 直近のデータは2017年7月現在、819品目。 記憶にある数はもう少し少なかった…

ミネラルに注目!

マドモアゼル愛先生が、最近マグネシウムのことをブログに書かれています。 ameblo.jp ameblo.jp 愛先生のお考えでは、現代人のほとんどがマグネシウム不足に陥っているのではないか?ということ。 マグネシウムの力は数ヶ月前からベビーマグちゃんで洗濯し…

初めて感動した陰陽パワーはここから

愛読しているムラキテルミさんのブログで、豆腐パスターのことを読み、 ameblo.jp 2002年に購入して以来たびたびお世話になっている 『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』 を、久しぶりに開きました。私の持っているのは古い方で、2008年に新訂版⬇️…

鍼灸師主人公の小説『鍼師おしゃあ』読みました

鍼灸師が主人公の小説を読みました。 笹色の紅―幕末おんな鍼師恋がたり 作者: 河治和香 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2006/03 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る 私が読んだのは「笹色の紅」の方ですが、文庫…

「GMOを食べたくない」という自由

先日伺ったJESの「緊急レポート」セミナーで遺伝子組み換えの話を聞き触発され、昨晩こちらを見ました。 Genetic Roulette The Gamble of Our Lives 2012年のアメリカのドキュメンタリー映画『遺伝子組み換えルーレット-私たちの生命(いのち)のギャンブル…

私が言う「いい子」ってどんな子?

先日のブログで取り上げた本に東洋医学分野から書かれたものがあり、共鳴する表現が多々あったので。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 医王会指圧センター所長(当時)増永静人氏が書かれました「母と子の関係ー東洋医学の立場から」。増永氏は、独自の経絡…

膣トレ継続してたらいいことあった、とご報告

昨年12月に子宮脱のことをご相談いただいた方と、お盆前に電話でお話しする機会がありました。 お互い最近の近況報告や世間話諸々お話ししたあと、「そういえば・・・」とご報告してくれました。 膣トレ続けていたら、子宮脱が改善してきた、とのこと。 以前…

憲法カフェ参加後思ったこと

前回、憲法カフェのこと、少し触れました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 引き続き、憲法カフェに行って思ったことを書きます。 ちなみに、憲法カフェとはあすわか(「明日の自由を守る若手弁護士の会」)所属の弁護士さんがお話してくれる気軽な憲法勉強…

私たち個人の値段

今話題の、杉田水脈議員のLGBT発言。 いろいろな人がいろいろなところで書かれた、いろいろな記事や投稿を読んでいて、自分の言いたかったことがズバリ書かれていたブログを発見しましたので、シェアします。 nyaaat.hatenablog.com 二週間ほど前、憲法カフ…