hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

からだについて

人生初の坐骨神経痛

この前の日曜日、人生初の坐骨神経痛を体験。 前日から、なんとなく腰…というか臀部に違和感がありました。 日曜日の朝、痛みはなかった、けど、臀部の奥が引き攣れるような、コッているな〜という感覚がありました。 外出先で、夕方には痛みが表出。「こう…

"The age is just a number"を実感した話

もう先月のことになりますが… 月1程度で来ている患者さんから、ご両親の鍼灸施術をご依頼いただきました。 「神楽坂へ行くのは少し不安があるので、出張可能ですか?」 というお問い合わせ。 ご住所を聞いたら遠いところでなかったので、娘さん(患者さん)…

内臓からのメッセージ

前回、五行色体表のことに触れましたが、今回も関連ネタです。 五臓(肝、心、脾、肺、腎)というのがあります。 文字通り、内臓のことなんですが、肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓と全く同じ、ではありません。少しかぶっている部分もありますが、そのものでは…

色黒の赤ん坊

東洋医学では「色」も大切な情報です。 顔色であったり、舌の色であったり、爪の色であったり、肌の色であったり。 五行の中に五色(青、赤、黄、白、黒)というのがあります。 この五色、五臓にも関連付けられています。 青ー肝、赤ー心、黄ー脾、白ー肺、…

冬の守護神、板藍根

この冬、こちらに助けられています。 板藍根、です。 生薬の薬効は、清熱、涼血、解毒です。 風邪、インフルエンザが流行るこの季節、助けになっています。 2002年〜2003年のSARS流行の際、一躍有名になりました。当時、中国ではこの生薬が買い占められ、市…

祈りつつ

「居場所がないんです」 と言った目の前のヒトは、自分のからだにいるのも心地悪そうだった。 なぜ、そのようなコトが起きているのかは、火を見るよりも明らかでしたが。 原因がソレ、とわかっても、すぐに解消する、とは限らず。 ま、でも、なんとか、せめ…

「頑張りは滞りを生む」と学んだ12月

2018年が暮れようとしています。冬らしいキリリとした空氣になりました。 暖かい冬、というのは、からだはちょっとホッとするのですが、ちょっと氣味悪さを感じます。 ようやく冬らしくなったことは喜ばしくもありますが、やっぱり寒いのは身に沁みてこたえ…

目疲れのときのセルフケア

目が疲れやすい方のセルフケアについて書く、と言っておきながら、10日以上過ぎてしまいました(汗) hitokadoh-aider.hatenadiary.jp はい!ようやく書きます。 今はパソコンやらスマホやらで、長時間、近いところを凝視することで、目を酷使しています。 …

三木成夫に感染中

最近、解剖学者の三木成夫の世界に感染中。 三木成夫氏については、こちらのサイトをご参照ください。 [特集] 自然・生命・人体の記憶 ― 三木成夫の生命形態学 -- 後藤 仁敏 -- 季刊 環境情報誌 ネイチャーインタフェイス 最初に読んだのは『内臓とこころ』…

現代は目には過酷な環境です

最近、眼精疲労の患者さんが続きました。 肩こり、首こりをお持ちの方は概ね、眼精疲労もありますが、最初に「目が疲れて…」と訴える方が続いた、ということです。 今の時代、目には過酷な環境です。情報インプットの多くは視覚に頼っています。 電車に乗っ…

大いなる根源を忘れないで

本日配信された、日本エドガー・ケイシー・センターのメルマガ「体感と内なるドクターの重要性」をシェアいたします。 グラディス・マクギャレイ博士の言葉、インスパイアされます。 医者には症状を取り除く、抑える、緩和するといった治療は出来ても、真の…

ミネラルに注目!

マドモアゼル愛先生が、最近マグネシウムのことをブログに書かれています。 ameblo.jp ameblo.jp 愛先生のお考えでは、現代人のほとんどがマグネシウム不足に陥っているのではないか?ということ。 マグネシウムの力は数ヶ月前からベビーマグちゃんで洗濯し…

初めて感動した陰陽パワーはここから

愛読しているムラキテルミさんのブログで、豆腐パスターのことを読み、 ameblo.jp 2002年に購入して以来たびたびお世話になっている 『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』 を、久しぶりに開きました。私の持っているのは古い方で、2008年に新訂版⬇️…

タオパッチ®️体験したい方、お待ちしております

今年5月に京都にて、タオパッチ®️アプリケーター講座を受講しました。 当時のブログに「体験会をやりたい」と書いていたことを、なんかの拍子に思い出し… hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 今月9月から、第3木曜の13:00〜16:00(時間内出入り自由)に神楽坂で…

私が言う「いい子」ってどんな子?

先日のブログで取り上げた本に東洋医学分野から書かれたものがあり、共鳴する表現が多々あったので。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 医王会指圧センター所長(当時)増永静人氏が書かれました「母と子の関係ー東洋医学の立場から」。増永氏は、独自の経絡…

膣トレ継続してたらいいことあった、とご報告

昨年12月に子宮脱のことをご相談いただいた方と、お盆前に電話でお話しする機会がありました。 お互い最近の近況報告や世間話諸々お話ししたあと、「そういえば・・・」とご報告してくれました。 膣トレ続けていたら、子宮脱が改善してきた、とのこと。 以前…

前向きに「今」を憂う

野口体操の創始者でもある野口三千三氏の本を読もうと、図書館サイトを検索していたところ、こちらの本を発見。 子どものからだは蝕まれている (1979年) 作者: 正木健雄,野口三千三 出版社/メーカー: 柏樹社 発売日: 1979/11 メディア: ? この商品を含むブロ…

夏はミントシャンプーで頭スッキリ

夏の本番はまだこれから、のはずですが、毎日暑いですね〜。 小学生のとき「暑い〜、暑い〜」と連発していたら、親に「『暑い暑い』って言うから暑くなるんだ!」と叱られたものです。 そうかもしれないけど、「暑い」って言わなくても、暑いときは暑いです…

この場合「患者」ではなく「クライアント」となる

昨日、初めてタオパッチ®️のクライアントが神楽坂にお見えになりました。今月16日に渋谷で開催されたオープンセミナーに参加された方です。 私が鍼灸師ということで、「経絡のこともご存知の方がいいと思って」とのこと。 ありがたいお言葉ですが、最初にタ…

肌にやさしいテープを模索中

昨日、渋谷で開催されたタオパッチ®︎オープンセミナーに、サポーター(?)として参加いたしました。 当初の募集人数を大幅に超えたため、10日前に会場が新宿から渋谷に変更になりました。渋谷に変更になったおかげで、私は開始時刻に間に合って到着すること…

結構「たばこ」はエグかった

先日患者さんとのお話のなかで、たばこの話題が出ました。 そんな矢先に、ビデオニュース・ドットコムでたばこの話題を取り上げていました。5月31日が世界禁煙デーだったということもあるのかな。 youtu.be たばこネタが続いたもので、興味外だった「たばこ…

根っこからのメッセージ

先週、NVC(Nonviolent communication=非暴力コミュニケーション) という手法による共感的コミュニケーションの入門的講座に参加しました。 マイクロソフト社CEOのサティア・ナデラ氏が幹部社員にNVC の本を勧めたことで、ビジネスの世界でも注目を集めて…

文句を言いたがる「からだ」

うちの両親を見ていて、氣がつきました。 元氣が有り余ってくると、いろいろなことがたやすくなってくるせいか…文句が増えます。 正しくは、私が「文句」として聞いている、ですね。家族に対しては投影が一番強いし。 心情的ノイズが喧しい中ある程度クール…

タオパッチ®️初体験

京都で開催された、タオパッチ®️アプリケーター養成セミナーに参加してきました。 タオパッチって何?ってことですが、イタリアでは医療機器特許取得の量子デバイスです。日本では、指圧代用器として販売されています。 最先端量子デバイス「タオパッチ」 | …

「一期一会の会」でひっかかった言葉たち

先日の「村上光照老師と一期一会の会」。 この日、村上老師以外の言葉にも(いい意味で)ひっかかった言葉がありました。 村上老師が何かの文脈でおっしゃった「いのちより尊きものがある」という言葉。 どのような文脈での言葉だったか忘れてしまったので、…

おならについて約束できるか?

数日前、こちらのニュースを見て、固まりました。 this.kiji.is 2018年3月25日のニュースです。 栃木県北部にある特別支援学校中学部で昨年6月、授業中におならをしてしまう生徒に対し、担任教諭が「おならはきゅうけいじかんにトイレでします」といった反省…

義足は「身体のアップデート」

今日伺った患者さんは昨年両脚を人工股関節手術をした方だったので、なんとなく目についた記事。 wired.jp 人工関節と義足はちょっと違う?のかもしれませんが、肉と骨の代わりになる人工物を装着するという意味では通じるところがあり、興味深く読みました…

「人体 神秘の巨大ネットワーク」見るべし

パン屋に併設されたカフェにて。 向かいに座っている、見たところ70代後半の女性お二人のお話が耳に入ってきました。 健康の話から、タモリと山中教授が司会進行役をやっている人体の番組を見た、と。 「人間のからだって不思議ね〜」 「うん、そうですよね…

「医療が人を病人にする」説について

「医療が人を病人にする」と言われることがあります。 よく聞かれるのは、医師や製薬会社が儲けるために、健康な人にまで病名をつけて病人にしようとしている、と言う話。 gendai.ismedia.jp 財政破綻した夕張市の事例を医師がご紹介されています。 市内の病…

おんぶが見直されている?

生活クラブ連合会が発行する機関紙『生活と自治』11月号に掲載されたアズマカナコさんの連載は「おんぶ」について。 アズマカナコさんは、東京郊外で、冷蔵庫や洗濯機などを持たず、環境負荷の少ない暮らしを探求しながら3人の子どもを育てている方です。 著…