hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

運慶展行ってきました

Eテレ「日曜美術館」、次回は運慶展なので、行ける人はその前に行った方がよいと思われ。 — 橋本麻里 (@hashimoto_tokyo) 2017年10月11日 こちらのTweetを見て、昨晩行ってきました「運慶展」。 unkei2017.jp 金・土は夜9時まで開館しています。結構お客様い…

ネガティブ・ケイパビリティを育てよう

『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』 今まで漠然と認識・理解していたものが、それをぴったり表す言葉に出会うと、途端に生き生きと息づいてくる瞬間ってありますよね? 今までモヤのようだったものが、しっかり輪郭を帯びて、自分の…

雑居まつりにて

昨日初めて行ってきました雑居まつり。 昨日のFB投稿。 普通に考えて、私より小学生の彼らの方が余命は長い。 となれば、汚染された土、水、空気の影響をたくさん受けるのは、彼らの方。 何もしてなくても、いや、何もしていないからこそ、私たちは既に彼ら…

先月「姉さん」→「姐さん」にこっそり変更した件

前回の「いつまでが女子」から派生して、 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 当ブログのタイトル「hitokadoh姐さんの身辺雑記」にも使っている「姐さん」についてです。 はてなブログに移行したときに、ブログ名も変更しました。以前は「エデの日々」でした。…

「いくつまで女子」問題

前回ブログに関連して「女子とは 何歳まで」とググって見ると、ありました〜。いつまで「女子」と名乗っていいのか迷いがある方、多いのですね。 news.livedoor.com youpouch.com 女性の方が、境界線年齢が高いですね。www.athome.co.jp NHKさんも書いてた。…

はてなブログは世界多様性の窓

昨日こちらを書いたあと、「世間体」って奴を捨てたはずの私が、ふと「世間体」を思い出しました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 「2017年後半のかなりの部分が國分功一郎と般若心経」って、女子力ゼロだわ…。 書いたときは「これだわ!キラリーン✨」とひ…

面倒くさい私に哲学は必要

総括するのにはまだ早いですが、私の2017年後半はかなりの部分、國分功一郎と般若心経でできています。 7月に國分功一郎氏の本を読み、久々に「あ〜哲学って面白いわ〜」と再確認した私。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 今、『中動態の世界 意志と責任の考…

ま、人間ですから

既存のものに、あれこれ言うのはたやすい。 自分の中にある、あれこれの意見・批判をふまえ、じゃぁ、今自分は何をするか?を常に心に留めている。 そういう人でありたい・・・と思っています。 批判、批評も大事ですが、それをそのままほおっておくと、思考…

『仁光の受難』と「世の中は色気で動いている」説

Twitterで最近、仏教筋の方々をフォローしたおかげで知りえた映画『仁光の受難』、観に行ってきました。 ninko-movie.com 予想裏切らず、面白かったです。このクオリティで自主映画、素晴らしいです!金かければいいものができるって訳ではないんですね〜。 …

”ソレ”の存在

般若心経を唱えていると、意識は遅いと感じることがある。 正確には、意識の少し前を走っている"モノ"がいる。「いる」より「ある」でしょうか。 “ソレ”はかなり微妙で、存在感をうっすら感じ始めて捉えようとした途端に消えてしまう。その形や色をよく見…

『シュタイナーの挑戦』とりあえず英語で挑戦

先日、こちらにシュタイナーのことをちろっと書きました。 hitokadoh.hatenablog.com 昨日、友人の投稿でシュタイナーの映画の上映会があることを知り、行こうかと思ったのですが… YouTube見ていたら、アップされていた! The Challenge of Rudolf Steiner (…

『禅八講』覚書

自らの覚書として、『禅八講 鈴木大拙 最終講義』より引用。 この例えはとても腑に落ちた。「自己」と言うも、それは自分がそれと思っていた「自己」と同じなのか?言葉にも幾重の次元があり、その言葉がどの次元から発せられているのか探るのも、ある種旅の…

初・大拙本

『禅八講 鈴木大拙 最終講義』読了。 鈴木大拙の名前を知ったのは、おそらくケン・ウィルバーから。何かの本で彼の言葉が引用されていました。いわゆる「逆輸入」的に彼の名前を知ったわけです。 それから、名前はよく見聞きするものの、彼の著書を読もうと…

「感じて、漢字の世界」で我が名を知る

古代文字の書をやっている友人が転送してくれました「感じて、漢字の世界」。「今日の漢字」が、私の名前でもある「香」だったので。 面白い!香りはお酒の香りだったんですね〜。 漢字って、神様や祈りとの関係があるものが多いです。確か、白川静先生の本…

エキサイトモバイルにしました

先日、久しぶりにMalzackさんのブログを見たら、iIJmioからLineモバイルに変えたという記事を発見。 blog.malzack.com 記事に「1GBのプランがある」というのに触発され、IIJmioから変える予定はなかったのに、ちょっと調べてみました。 いろいろググると、DM…

ブログタイトル部分ちょっと修正

はり灸 一香堂のブログ「hitokadohノヒト」のデザインを変更したついでに、こちらのブログも若干手直ししました。ちなみに、こちらの変更はPC版のみです。 hitokadoh.hatenablog.com ずっと氣になっていた、ロゴとタイトルをなんとか修正できました。 タイト…

坐ると「伝える」が氣になる私

井上貫道老師のインタビューが掲載されているということで購入しました、Samgha JAPAN(サンガジャパン) Vol.27 (2017-08-25) (kindle版)。¥1,701で、紙の雑誌(¥1,944)より若干お得です。 今まで「禅」についての本、あまり読んでいません。 坐禅断食が…

恵比寿で「坐る」

昨日、恵比寿へ坐禅しに行ってまいりました。こちらです。 zazen.blog.jp 井上貫道老師のこと存じあげなかったのですが、先月ある知り合いの方から教えていただきました。 そして、昨日、恵比寿の福昌寺で坐ってきました。禅堂があるようなのですが、時間ギ…

引き続き、般若心経について

前回に引き続き、般若心経について。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp ちょっと意味もわかったし、般若心経がより響いてくるかと思いきや・・・ 昨日と今朝、どうにも調子が悪いです。 唱えていると、にわか知識の数々が頭をよぎり、そこで途中停止する。つ…

日々般若心経

蛇の倉へ行ってから、とてもハマっている「般若心経」。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 「ハマっている」という言い方は少し変かもしれませんが、でも…ハマっています。 先日など歩きながら、知らないうちに口が般若心経を唱えていて、自分に若干引きまし…

牛乳石鹸CMの意見あれこれから思う

つい先日、牛乳石鹸のCMが世間で話題になっているらしい、と下記ブログで知りました。 pokonan.hatenablog.com 私はテレビなし生活なので、実際CMを見たことはないのですが。。 ブログで紹介されているリンク先で初めてCMを見ましたが、確かに「意味不明」で…

嫁ヶ茶屋での品数々

先日書いた蛇の倉七尾山の近く、大峰山一合目にある嫁ヶ茶屋。 出されるお料理はもちろん美味しい(お手製プリンは絶品です!カレーうどんが有名らしいですが、辛味冷やしそばもイケます。)のですが、そこで売っているオススメの品々をご紹介します。 洞川…

蛇の倉にて行者体験入門

テンプルビューティフル企画「大峰山系の修験の里、蛇の倉修験道行者体験入門講座」に参加してきました。 元来修行好きの質なもんで(笑)、衝動的(いや、2日は考えた)に申し込んでしまいました。 修験道がどんなものか、大峰山の場所すらあやふやなままで…

脱・FB奴隷

Facebook疲れで、見るのを一ヶ月くらい止めていました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 先週くらいから再開し始めました・・・が、やっぱり疲れます。 そうか、時間を決めて見ればいいのだ!と単純なことに氣がつきました(^^; 夜は目が拒否するので、見る…

「暇と退屈の倫理学」を読んで高校時代を思い出す

高校のとき、倫理(倫理学)という科目がありました。 内容は、いろんな哲学者・思想家の考えを学ぶような授業でした。もうむか〜しのことなので、詳細は忘れましたが、哲学・思想学っぽい感じかな。 担当教師は、いかにも「哲学」やりそうな、メガネで髪は…

緑茶を飲もう

久しぶりにアンドルー・ワイルの本を読みました。 『心身自在』。 こんなタイトルだったっけ?と思ったら、昔はタイトル違ったみたいですね。 初めて読んだときは『癒す心、治る力 実践編―8週間で甦る自発的治癒力』でした。 旧タイトルどおり、その前に出た…

御目出糖という和菓子

はり灸 一香堂の神楽坂出張所の最寄り駅は、もちろん神楽坂駅なのですが、私はJR飯田橋駅を使っています。 運動と散歩がてら、飯田橋駅から18分の道のりを楽しんでおります。 当初は、飯田橋駅西口に出て、神楽坂下から早稲田通りを延々と上り、神楽坂上、そ…

職人が作るスニーカー

私は職人好きである。 この靴を買った理由もそれである。 職人によるハンドメイドにこだわっている、広島のメーカー。 www.spingle.jp スニーカーは安いのでよかった私なのだけど。 「職人」というキーワードにつられた。 もちろん、履き心地は抜群! 同時に…

豆富かすてら

今から6年くらい前に、セキュリテというところで、あるお店の応援ファンドを購入しました。 www.securite.jp 支払留保(分配金)が(わずかに)溜まった、というメールが最近来たので、出金するつもりでしたが、セキュリテストアでお買い物もできるそうなの…

「年収90万円で東京ハッピーライフ」

この本、すっごく面白いです!いろいろなところでツボりました。 『年収90万円で東京ハッピーライフ』。ちょっとタイトルがキラキラしてますが、内容はあまりキラキラ系ではありません。 20代で世を諦め、あんまり働かなくなり、(当時)東京多摩地区で「隠…